yumaaaruのブログ

インプットしたことや、自分の経験を綴っていきます!コメントもお待ちしてます!

理想の人生を実現する方法「人生のゴールを決める」

どうも、ゆうまーるです。 先日、起業に関するセミナーに参加しました。 そこでされた話がぼく的に結構しっくり来たので紹介します。 ライフプランを立てる 聞いた話の一つがライフプランを立てるというものでした。 それは、人生のゴールを決め、それまでに…

ちょっと勇気が出る話。赤ちゃんってすごい

どうもゆうまーるです。 インプット不足でちょっと今日は短めです。 これはこれで反省ですが、短くても書くというのが大事だと学んだので書きます。 (ちょっと成長) セミナーに行って見た動画がいい話だなと思ったので、ここに綴っておきます。 失敗は実像の…

吉田松陰の海外密航チャレンジ!松陰は恋愛経験ゼロだった!?

どうも、ゆうまーるです。 今日は前回に引き続き吉田松陰のお話です。 松陰の七転び八起きの密航チャレンジです。 松陰、密航の決意 1853年にペリーが浦賀に来航したとき、松陰は慌てて浦賀に駆けつけたといいます。 そこで、ペリーの率いる軍艦を目のあたり…

行動の人・吉田松陰

どうも、ゆうまーるです。 今日は、吉田松陰についての記事を書きます。 なぜ、吉田松陰に興味を持ったかというと、夏休みに山口県の萩市にある「松陰記念館」に訪れたことがきっかけです。 歴史に詳しくはないぼくは、「あの安政の大獄で殺された人か」ぐら…

読書嫌いな人を説得します。読書激推し

どうも、ゆうまーるです。 今まで、「本を読め!」と散々言われてきました。 ただ、読書はした方がいいということはなんとなく分かっていたけれど、 「読書がなぜ良いのか」 「読書をしたらどうなるか」 という説明を先生も親も納得できるようにはしてくれなかっ…

成功する人とそうでない人の違い

どうも、ゆうまーるです。 今日は「夢をかなえるゾウ」を読んで、ぼく自身に響いた点をぼくの考えを交えつつ綴っていこうと思います。 成功する人とそうでない人の違い 最初に、結論を言っちゃいます。 成功する人とそうでない人の違い。 それは、頑張った先…

自分を劇的に変える方法。「夢をかなえるゾウ」から学ぶ

どうも、ゆうまーるです。 今日は、「夢をかなえるゾウ」を読んで感じたこと等を綴ろうと思います。 まずこの本の存在は中学生のときに知りました。 当時所属していたサッカースクールで仲が良かった先輩が、読書感想文でこの本を題材にしていたからです。 …

既得権益をぶっこわーす!幸せに働く方法

どうも、ゆうまーるです。 今日は、国会議員ユーチューバー、N国党党首の立花孝志さんから学んだことをアウトプットしようと思いまーす。 組織に対する不満 会社、学校、政府などなど、組織に対する不満というのをみなさん一度は持ったことがあるんじゃない…

学校教育は独裁政治である

どうも、ゆうまーるです。 GTOをアマゾンプライムで見ていて、思うことがあったので更新日ではないですが記事を書こうと思います。 Twitterだと文字数が足りないのでブログにしました。 学校は独裁政治である 校則を先生側が決めている 制服を着ている 先生…

アドラーに学ぶ

どうも、ゆうまーるです。 今日は、「嫌われる勇気」を読んでの記事を書いていきたいと思います。 嫌われる勇気 はじめに 本を1冊読むごとに、自分の思考や価値観というのはアップデートされるように思います。 そこでぼくは、「この本良かった!」で終わら…

学生コンテストに初めて参加した

どうも、ゆうまーるです。 今回、初めて学生コンテストに参加して感じたこと等を綴っていこうと思います。 参加したのは「世界一周の夢を叶えるコンテスト」というキャッチコピーの「DREAM」という学生コンテストです。 これは、自身の世界一周や夢に対する…

アメリカ・ファーストのトランプと日本

どうも、ゆうまーるです。 前回、「アメリカ・ファースト」を掲げるトランプが大統領になったアメリカは「世界の警察」を辞めるかもしれないと述べました。 世界でも、イギリスのEU離脱問題のように、ナショナリズム、反グローバリズムの動きは徐々に大きく…

ビジネスマン、ドナルド・トランプ

どうも、ゆうまーるです。 今回は、この本を読んでの学びを綴ります。 池上彰さん著「世界を揺るがすトランプイズム」です。 世界を揺るがすトランプイズム 世界に影響を与えるアメリカ大統領 大統領となった男、ドナルド・トランプ 武器は「ディール(取引)…

選挙に行かないで損するのは自分

どうも、ゆうまーるです。 前回、若者が選挙に行かない理由を考察した記事を上げました。 今回も続きのような感じです。 選挙に行かないで損するのは自分 自由という錯覚 選挙に行かないで損するのは自分 この国では、選挙率が低いことが問題視されています…

若者が選挙にいかない理由を考察してみた。

どうも、ゆうまーるです。 世間では若者の投票率が低いと問題視されています。 2016年に選挙権が20歳以上から18歳以上に引き下げられました。 当時のぼくはちょうど18歳になる年でしたが、選挙権が与えられ早3年、ぼくは未だに選挙に行ったことがありません…